よくある質問

Q. 現在の会員数を教えて下さい。

A.  会員数は54名。<2018年8月現在>

      (幼少年11名, 中/高生7名, 大人36名)


Q. 未就学児童ですが入会できますか?

A. 小学生からの入会をお勧めしております。但し、兄弟姉妹・親子で一緒に始めたいなど、ご事情のある場合、先ずは、見学にいらして下さい。幼少年担当の先生がお子様の成育状況(身体能力や理解力など)を拝見した上で、入会を認めるか否かの判断をさせて頂だきます。


Q. 鎌倉市外に在住ですが入会できますか?

A. 入会において居住地の制限はございません。大船、北鎌倉近辺にお住まいの方が多いですが、藤沢、横浜、逗子、葉山、川﨑など鎌倉市外から通われている方もいらっしゃいます。無料駐車場がありますのでお車で通う方が多いですが、大船駅からバスで最寄りの停留所まで来られる方もいらっしゃいます。


Q. There is "English available" in Admission guidance. Do current foreigners be enrolled in Kitakamakura Kenyu Kai? 入会案内に"English available!"とありました。現在外国人の方が剣友会に在籍中ですか?

A. We have a nice Bulgarian. However, he has been in Bulgaria due to his job condition since 2017. (Some of teachers can  guide Kendo in English. Always welcome foreigners!)

仕事の関係で休会中ですが、ブルガリア🇧🇬の方がお一人おられます。(指導者に英語で教えることのできるメンバーが複数おります。外国の方も大歓迎です) 


Q.スポーツ保険加入について

A. 北鎌倉剣友会ではスポーツ保険への加入を推奨しています。加入されない場合、同等保険に加入済みと認識させていただきます。

スポーツ保険(通年、任意)

大人・高校生:1,850円
大人(65歳以上):1,200円
小・中学生:800円
  (年1回のみ支払い)
*スポーツ保険は当会の活動内で生じた怪我や事故に対して支払われる為、例えば、他の剣道団体で加入していた場合、当会の練習で怪我をしたとしても保険料は支払われません。この場合、両方で加入しなければカバーされません。スポーツ保険の詳細は下記のサイトをご参照下さい。

Q. 剣道着・剣道具のレンタル制度はありますか?

A. 剣道具(面、籠手、胴、垂)のレンタル制度があります。料金は無料、期間も特段の制限はありません。


初心者の方には、入会後、体操・素振りなどを中心に指導がスタートします。竹刀を購入し、運動できる服装で稽古に参加していただきます。(竹刀は消耗品のため自己負担です)

★見学者・体験入会者(幼少年)には竹刀を見学日・体験入会期間中(最大4日間)無料で貸与致します。

なお、入会後、木刀・剣道着(刺し子・袴)も卒業生などの寄贈品で無料レンタル可能です。ただし、サイズが不揃い、使用済みである事を予めご了解下さい。


Q. 社会体育指導員資格について教えて下さい?

A. 北鎌倉剣友会では指導者・指導者候補は社会体育指導員(剣道)資格の取得を奨励しています。2018年8月現在、上級2名、中級2名、初級4名の資格保有者が在籍しています。


  この資格は地域において、剣道活動を実施している学校・道場・クラブ・グル-プ・スポ-ツ教室等における指導者の資質の向上を図り、剣道をより充実し正しく普及発展させること、および指導者に必要な知識・能力の養成を目的に平成7年度(1995年度) に導入された資格です。資格取得には、剣道の実技のみならず、指導法やトレーニング理論などを含めた広範囲な学習・テストを経て、資格が授与されます。


<全日本剣道連盟サイトより引用>

 平成23年6月20日現在で、6,108名の方が「初級」の資格を、2,107名の方が「中級」の資格を、さらに平成17年9月から始まった「上級」の資格を390名の方が取得され、各地域で熱心に指導されている。


受講資格

(初級) 22歳以上で剣道三段以上の者。

(中級) 30歳以上で剣道五段以上、全剣連社会体育指導員剣道(初級)認定後4年を経過した者。

(上級) 40歳以上で剣道錬士六段以上、全剣連社会体育指導員剣道(中級)認定後4年を経過した者。

講習内容

(1)日本剣道形 (2)審判法 (3)指導法 (4)剣道の歴史 (5)体力トレーニング理論・実技 (6)木刀による剣道基本技稽古法

テスト内容

(1) 実技: 審判法・日本剣道形・基本実技

(2) 筆記試験

(3) 論文

・筆記試験と実技試験および論文試験により合否を判定する。

・集合講習に先立ち通信教育学習をし、論文課題を提出する。 


Q. 夏季の熱中症への配慮は?

A. 2018年の猛暑の状況下、対応策を導入しております。以下の連絡をご参照下さい。

****************************************

北鎌倉剣友会 会員・保護者 各位 

日頃から北鎌倉剣友会の活動に対し、ご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

今年の夏の猛暑は特にひどく、「熱中症対策」も徹底する必要があります。

幸い、救急車を呼ぶほどの重症者は出ていませんが、軽度の立ちくらみがあった会員が複数います。

そこで、剣友会として次のような対応をしていきます。

全日本剣道連盟の「熱中症にご注意下さい」や環境省「熱中症予防情報サイト」の暑さ指数(WBGT)を参考にして、稽古予定日時の暑さ指数(WBGT)が「危険」(31℃)の領域になることが予想される場合、剣友会としての稽古を「中止」にします。

その場合には、稽古日の前日まで、メールにて「稽古中止」をお知らせすると同時に北鎌倉剣友会ブログにもその旨を掲載します。

稽古に出かける前にはメール、ブログのチェックをお願いします。

なお、暑さ指数が「危険」未満の場合には、剣友会としての稽古を行いますが、稽古内容を軽度の内容へ変更して行う場合があります。

剣友会として、従来の塩飴に加え、万が一に備えた氷・水・保冷剤は用意いたしますが、基本的に水分補給は各自の準備でお願いいたします。

この「熱中症対策」は7月29日(日)より9月23日(日)の期間、実施していきます。以上、ご理解とご協力をお願いいたします。

2018.7.26. 北鎌倉剣友会 会長 座間 徳彦


Q. 高齢者の活動について教えて下さい。

A. 現在、70歳以上のメンバーもお元気なため、一般に加わり稽古しています。数年前まで80歳以上の方もおられたので土曜日に別メニューで稽古していました。

ご参考まで2014年に取材したシニアの皆さんへのインタビューをご覧下さい。

追記)本インタビューの、最初に登場される岩本さんは2017年夏87歳の天寿を全うされ旅立ちました。80代前半で初段を取得された時「娘時代に薙刀の段位取得より、はるかに剣道初段が嬉しかった」そのようにお話をされました。見事な人生に、合掌


Q. 風船割り紅白戦とは?

A. 「百聞は一見に如かず」
過去の試合をご覧下さい。